ウェブマーケティングとは

BMP_028

ウェブマーケティングの意味

手法も呼び方も多種多様

ウェブマーケティングとは、マルチコンテンツ/メディア・マーケティングによる周知活動をいいます。
マルチコンテンツ/メディア・マーケティングはビル・ゲイツ氏が 提唱している マーケット手法で マーケティングの定義では、マーケッター旧知のものとなります。

Webマーケティング(ウェブマーケティング)は、インターネット内で展開するマーケティング活動全般のことを意味するものとされています。

また、Webサイトや電子メールを活用したマーケティング手法ともされていて 顧客データ管理システムや顧客関係管理システムなどの電子データも含むことはあまり認知されていないようです。

マーケティング分野は、大きく分けて バーチャルとフィジカルに分かれることは よく知られています。
このマーケティングの手法のうち インターネットとWebに特化したものを 私たちはウェブマーケティングと定義しています。

ウェブマーケティングの手法として 次のマーケティング手法が よく知られています。

アウトバウンド
インバウンド

オウンドメディア
アーンドメディア
ペイドメディア

コンテンツ
メディア

ホームページやWebサイトで自社の商品を紹介することを標準的な情報発信活動とするものの、情報収集や通信販売、ユーザー支援などの周知活動に主に使われているにすぎません。電子メールやデータベースと組み合わせて利用することことが、より高い効果を得られることは知られていますが、インターネットは数々のユニークな利点をマーケティングにもたらしたことを見れば、ウェブマーケティングによる情報発信者は、かなり狭義的な解釈と展開をしていることになります。

Webマーケティング(ウェブマーケティング)は、ブートストラップ手法が台頭してデザインをストラップ化する思考に沿ったバーチャルとアクチャルを結ぶ クロスメディア媒体ととらえた マーケティング手法を技術とインターネットの創造的な面を統合したものをウェブマーケティングと位置づけるようになりました。

インターネットマーケティング
オンラインマーケティング
ネットマーケティング
Webマーケティング
eマーケティング
などと 呼ばれています。

用語の解説

ホームページとWebサイトの違いは
マルチコンテンツ/メディア・マーケティングの定義
バーチャルの対義語は リアルではないのか